なぜガソリンカードが注目されているのか!

ガソリンを給油するイメージ近年頻発する原油高騰のあおりを受けて、現金よりも単価が安くなるガソリンカードや燃費向上アイテム、低燃費車(ハイブリッドカー)など、様々なガソリンに関係する商品やサービスが注目されています。
その中でもガソリンカードは、無料で手軽に入手可能なカードも多くあることから、既に使用されている人も多い節約アイテムです。

一言にガソリンカードと言っても、大きく分けて「現金会員カード」「プリペイドカード」「クレジットカード」の3種類があるのをご存知でしょうか?
一昔前は、現金の会員カードが主流でしたが、1998年の規制緩和以降にセルフ方式のスタンドが全国で増え始め、現在では5000店以上がセルフスタンドとなっています。
このセルフスタンドでは、前払い式のプリペイドカードを発行している店舗が多くありますので、行きつけのスタンドが決まっている人でクレジットカードを使用していない人は、現金よりも単価が割引されるプリペイドカードを使用している人も多いと思います。

そんな中、卸売りメーカーが最も力を入れているのが「ガソリンカード」、すなわち給油や洗車・オイル交換などスタンドで使用することに特化したクレジットカードです。
このガソリンカードがプリペイドカードと最も異なる点は、系列のスタンドであれば全国どこで給油しても割引を受けられる事と、ポイントの付与などのお得な特典もある事です。
そして上記3種類のカードの中で、通常はもっとも安く単価が設定されているのが最大の魅力です。

ガソリンカードを使用するメリットとデメリット

ガソリンスタンドのイメージメーカー発行のガソリンカードを利用する一番のメリットは、系列の給油所であれば「レギュラー」「ハイオク」「軽油」が全国どこで給油しても、現金よりも安くなることです。
また給油以外のサービス(洗車やオイル交換など)にも利用できますので、スタンドに行くだけならカードがあれば現金が必要ありません。
他にも、各メーカーでポイントの付与やETCの利用での割引などのサービスを受けられる、お得なガソリンカードもあります。

しかし、あくまでもクレジットカードですので、入会時には審査があります。
クレジット(credit)とは、信用を意味する言葉ですので、簡単に言えばこの場合は「あなたを信用しますので、給油等で利用の際は、後でまとめてお支払い下さい。」という内容の契約になります。

ですから、その審査に伴う必要事項を記入して申し込みをする必要があるのです。
この入会手続きが面倒な人はカードを利用出来ないというデメリットもあります。

しかし現在では、インターネットから申込が可能ですから、日中忙しくて時間が無い人でも、自宅や会社などで、空いた時間にゆっくりサービス内容などを確認してから申し込みが可能です。

当サイトでは大手石油メーカーが発行するガソリンカードを、様々な角度から比較できるよう分かりやすく掲載しております。
またガソリンに関係するコラムや燃費情報なども掲載しておりますので、興味のある方は右のメニューより各ページにお進み下さい。